食と音と灯りの融合 Kawagoe REMIX(カワゴエリミックス)

TEL 049-227-8233(平日・土休日8:45〜17:30) 公益社団法人小江戸川越観光協会

Menu
小江戸川越ライトアップ

小江戸川越ライトアップ

コンセプト:集うあかり

人やモノ、情報やお金が「集まる」商人の町として川越は発展しました。人が集まり、一つ一つの建物ができ、川越の町並みが「集まる」力によってできあがりました。あかりには花火やキャンプファイヤーのように人を「集める」力があります。そんな「集まる」力と、あかりがもつ「集める」力を表現したライトアップ・オブジェが夜の川越の賑わいを演出します。

ライトアップオブジェは、11月5日(土)〜11月6日(日)をメインとして12月25日(日)まで展示されます。
  • 交通規制 11月5・6日 13:00〜20:00 一番街(札の辻〜仲町)
  • ライトアップ・オブジェの写真はイメージです
  • 天候によりイベント内容に一部変更を生じる場合があります

【1】【3】岩城和哉 + 東京電機大学 岩城研究室

「光辻(ひかりつじ)と光路地(ひかりろじ)」

川越のまちの回遊性を生み出している重要なふたつの要素である「辻(つじ)」と「路地(ろじ)」を光で満たします。

「光ひかりつじ辻と光ひかりろじ路地」

【2】芝浦工業大学 伊藤研究室

「あつむ」

「集まる」という漢字はもともと鳥を意味する「隹」が3つ、木の上に留まった姿を表しています。その文字からヒントを得て今回は木に集まってくる鳥たちのイメージで作品をつくります。川越市の鳥である雁を光のモアレで表現します。また光の前に設置した格子をくるくる廻してまちの人たちと遊びたいと思います。

「あつむ」

※各チームタイトルに記載された番号と、地図上の番号からライトアップモニュメントの位置をご確認いただけます。

ライトアップモニュメント配置図とライブ会場のマップ

【4】日色真帆 + 日色研究室 + 東洋大学 川越キャンパス学生有志

「三角の灯り・ひかりの反射と映る街並み」

三角形の面でできた正四面体を、川越の屋根型をモチーフとする基本パーツとして組み合わせて、人々が集う場を提案します。三角の面を半透明にしたり鏡面にすることで、照らし出す光と蔵の街並みや人々が集まる風景とが透過したり反射して、行灯のような万華鏡のような効果を生み出します。ベンチや通り抜けの穴があるので、内と外を巡りながら鏡や隙間に映る景色を楽しむことができます。

「三角の灯り・ひかりの反射と映る街並み」

【5】東洋大学 人間環境デザイン学科チーム

「光の折り紙」

川越の街を埋め尽くす光の折り紙、たくさんの折り紙が集い輝きながら、街に賑わいをもたらします。ひとつひとつの折り紙にはメッセージがあります。折り紙からのメッセージを探し出してください。

「光の折り紙」

【6】東洋大学 総合情報学部 ライトアッププロジェクトチーム

「あかりとの対話」

あなたの行動に反応して光が変わるライトアップオブジェをまちなかに散りばめて設置します。音に反応して光の色が変わったり、動きに反応して点滅したり、さわると音と光を放ったり、自分で色を自由に操作できたり、さまざまな方法を考えています。まちなかで「あかりとの対話」を楽しんでください。

「あかりとの対話」

【7】【8】NPO法人川越蔵の会

「あかりのへや」

おとを聴くひとをあたたかく包みこむ、居場所をつくるあかりです。ちいさな光をさまざまなところにちりばめることで、やわらかいホッとする大きな場所をつくりだし、みんながその中でおとを楽しむ事ができます。イベント終了後には熊野神社の御神木のまわりに光が集う、ふたつの居場所ができるあかりです。

「あかりのへや」

大正浪漫夢通りイルミネーション

場所:大正浪漫夢通り

コンセプト
ライトアップゾーンを一本入ったところに、それはあります。優しい円(縁)の灯りのもと、通りを歩いてみませんか。

光のパターゴルフ

場所:タイムズ幸町駐車場

11月5日・6日15時〜20時
LEDゴルフボールを使ったパターゴルフ。無料体験できます!

大正浪漫夢通りイルミネーション